株式会社の設立

会社を設立するにあたって、まず知っておかなければならないのが会社の種類についてです。会社の種類は大きく4つに分類することができます。「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4つです。こう聞くと、「有限会社はないのか?」と思われる人も多いかと思いますが、実は有限会社の設立というのは2006年の時点で廃止されており、現存するものはあるものの新しく有限会社を設立することはできなくなりました。機能としては合同会社が有限会社に近いものになっています。さて、この4種類の会社の中で、やはり特筆すべきなのは株式会社の存在です。株式という特殊な資金調達手段を持つことによって、会社を公のものとすることができるのが大きな特徴となっています。ちなみに、合名会社と合資会社については、現状作成されることがほぼありません。合同会社の方が優秀なシステムとなってしまっているためです。

それでは、実際に株式会社を作る場合のポイントについて紹介します。株式会社を作る場合、必要となる費用は20万円前後となります。公証人手数料として5万円、定款印紙代として4万円(電子認証定款の場合には必要がありません)、登録免許税として15万円です。