クロノセルの成分は何が入っているの?3種類のヒト幹細胞培養液配合は業界でも珍しいって本当?

クロノセルはヒト幹細胞エキスが配合されている今エイジングケアで大人気の商品です。
この商品医学誌の「医学と薬学」にも掲載された医療の分野でも注目集めているものなんです。

 

ヒト幹細胞エキス自体が肌の生まれ変わりをサポートしてくれるとあって、シワ・シミの改善や細胞の増殖や抗酸化作用など万能な成分なので、次世代のエイジングケアには欠かせないものとも言われています。

 

ところで、ヒト幹細胞ってどういったものなのか、成分オタクのわたしが調べてみましたので、この記事でクロノセルの成分についてご紹介しますね。

 

 

 

 

幹細胞って何?

幹細胞イメージ
肝細胞は細胞を若返らせるために今世界中が注目をしているものです。
簡単に言うと、骨や血管そして血液、筋肉や臓器など体のいろいろな細胞に成長できる能力をもっている細胞のことです。
この幹細胞を使って人工的に培養した細胞や組織を使って臓器などの体の修復を行うことを再生医療と言っています。

 

美肌の元にもなるコラーゲンやエラスチン、アルロン酸などは他に必要な成分を生み出す線維芽細胞もこの幹細胞によって作られています。まさに幹細胞は美肌を生み出す源と言っても差し支えないと思いますよ。

 

幹細胞はそのままを使うものではなく、肝細胞を培養した時に出てくる成分を使っているのが幹細胞コスメです。

 

幹細胞は3種類に分けられる

 

実は幹細胞は原料となる幹細胞の抽出元によって3種類に分けられます。

 

ヒト由来の幹細胞

人間の幹細胞を培養した時に分泌される成分を使って細胞を活性化します。ですが、肝細胞自体は含まれていません。

 

ヒト由来なので拒否反応起きにくいと言われてますし、敏感肌の人でも安心して使用できるというメリットがあります。
幹細胞コスメの中でも最も高い効果が期待されているものはヒト脂肪由来の幹細胞といわれています。

 

動物由来の幹細胞

原料としては人の皮膚のがん細胞に近いと言われている羊の毛根を使ったものや、 羊のプラセンタから抽出した幹細胞を使ったスキンケア商品が開発されています。

 

動物の細胞から作られているということもあって、衛生面や加工面など安全性をチェックする必要があります。

 

植物由来の幹細胞

クロノセル,成分,安全性,副作用
植物はどの部分の細胞も幹細胞です。そのためとても簡単に抽出ができます。抗酸化作用の高い植物の幹細胞培養液など様々なメーカーが作っています。

 

ですが、植物の細胞とヒトの細胞は似ても似つかない細胞同士なので、ヒト由来の幹細胞に比べるとその効果はあまり期待できるものではありません。

 

クロノセルに配合されている成分

 

3種類のヒト幹細胞培養液

 

人間から抽出された幹細胞を培養した時に分泌されるエキスを使っています。それぞれ採取した場所によって効果がさまざまです。

ヒト線維芽細胞順化培養液

コラーゲン(ハリ)、エラスチン(弾力)、ヒアルロン酸(潤い)の3大美肌成分を生み出す芽となる細胞が線維芽細胞です。

 

その線維芽細胞から培養されたエキスなので、この三大美肌成分を積極的に増殖させる効果が期待できます。

 

もともとこの線維芽細胞は、細胞分裂の回数が限られているものですが、この培養液を与えることによってまた新たな生産能力を高めることができます。

ヒト脂肪細胞順化培養液

一般的にヒト幹細胞コスメにはこのヒト脂肪細胞順化培養液が入っています。
成長(増殖)因子や酵素、抗酸化酵素、コラーゲンやヒアルロン酸など豊富な成分が含まれており、タンパク質成分や サイトカインと呼ばれる細胞を活性化することとなる情報を含んでいます。肌の再生と生み出す力を促してハリとツヤがあふれる肌に導いてくれます。

 

 

ヒト骨髄幹細胞順化培養液

細胞の修復と再生を促してくれるのが骨髄幹細胞順化培養液です。
年をとるにつれてダメージを受けてしまった肌にハリや弾力を取り戻して、シワやたるみをケアすることで注目を集めています。

 

成長因子(増殖因子)グロースファクターの働き

細胞から細胞に情報やサインを送るタンパク質のことで幹細胞を培養した時に分泌される成分です。
このサインを受け取った別の細胞も表面にグロスファクターがくっついて相棒の設計図になる遺伝子を核の中から取り出して新しい細胞を作り出します。

EGF:表皮細胞成長因子

ターンオーバーを促進させて、シミやくすみを改善する効果が期待できます。
これはノーベル賞受賞した成分でもある大注目の成分なんですよ。

FGF:線維芽細胞成長因子

真皮層にある幹細胞に肌細胞の生産を高めるように促します。線維芽細胞にエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸、抗酸化作用の SODなどの 増産するようにシグナルを出して傷の改善やシワの改善そして美白効果をもたらしてくれます。

IGF:インスリン様成長因子

傷ついてしまった細胞の再生をサポートしてくれます。新しい皮膚を作り出してエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸の生成を促進してくれます。

 

ハリや弾力を再生する他に、しわの解消や予防にも効果があります。

 

 

ステムブースター処方

肌表面の角質を 滑らかにして浸透しやすい柔軟の肌環境に整えていきます。
いくらたくさんの栄養を与えてもそれを肌の奥まで浸透できなければ無駄になってしまいます。

 

これによって普段使っているスキンケア商品の浸透も格段に良くなります。

 

スイゼンジノリ多糖体

保湿力の高いネバネバ成分を持つ水前寺のりから抽出した成分です。
高い保湿力を持つので角質層で水分を抱き込んで乾燥する肌も柔軟に保ってくれます。

 

 

 

 

サリチロイルオクタペプチド-9

ピーリングペプチドとも呼ばれている成分で、古い角質をケアして透明感をサポートしてくれます。
肌表面の硬くゴアついてしまった角質を柔らかくして取り除くのを助けてくれます。

 

ヒアルロン酸Na

保湿力としてたくさんの化粧品に含まれている成分です。元々角質にあるヒアルロン酸を高めてくれるので、乾燥肌 に潤いを与えてくれます。

 

美肌フローラ成分

フローラと言うと腸内フローラのことを思い描く人も多いのではないでしょうか。フローラ自体は最近がたくさん集まっているものを お花畑のように見えたことから名づけられました。

 

肌にも沢山の細菌が住んでいます。常在菌と呼ばれるものですね。
この常在菌の中にも悪玉菌や善玉菌と呼ばれるものもあります。
美肌菌と呼ばれている善玉菌は美肌づくりをサポートしてくれる細菌です。

 

ラ・フローラEC12と耳慣れない乳酸菌がこの美肌菌の餌となって育つことによって、肌表面の保湿成分や免疫、 pHなどのバランスを調整してバリア機能を作ってくれます。

 

光老化を防ぐHSP70

 

肌老化の原因の一つが紫外線による細胞の損傷が言われています。
紫外線にはA波とB波があります。
A波は紫外線の成分を95%も含んでおり、波長が長いために室内でも曇りの日でも降り注いでいます。紫外線のダメージといえばこの紫外線 A 波のことと言っても過言ではありません。
B波は夏など日差しの強い時に浴びる事でシミなどを作ってしまうものです。

 

肌の奥にある真皮層にまで入り込んでハリと弾力をキープするコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまって、肌の土台を壊してしまいます。

 

HSP 70は細胞の損傷を防ぐタンパク質の一群で光老化の切り札になると言われています。

 

クロノセル全成分:

水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト線維芽細胞順化培養液、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチドー1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31、ヒトオリゴペプチドー13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、トレハロース、サリチロイルオクタペプチド−9、アゼラオイルトリペプチドー1、アラントイン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG−デシルテトラデセスー30、テトラヒドロピペリン、1,2ーヘキサンジオール、ポリソルベート80、水添レシン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na

 

 

クロノセルの安全性

 

安全性の高い国内の工場で製造されているので品質は保証されていると言っていいでしょう。

 

また、七つの添加処方で敏感肌の人にも安心な商品になっています。

 

7つの無添加
鉱物油フリー、シリコンフリー、パラベンフリー、タルクフリー、合成着色料フリー、合成香料フリー、旧指定成分103種類フリー

 

 

ですが、全ての人にアレルギーの反応が出ないとも限りません。使い始める前には目立たない場所でパッチテストをするようにしましょう。

 

パッチテストの方法

絆創膏に黒のセルを数滴垂らして、腕など目立たない場所に24時間貼ったままにします。
途中で赤くなったりかゆみが出てしまったら即刻中止をしてください。

 

クロノセルの副作用は問題ない?

 

含まれている成分に副作用があるという報告は今のところありません。

 

同じヒト幹細胞を配合した化粧品でもそういった事例は報告されていませんので、副作用は問題ないといっていいでしょう。

 

まとめ

 

クロノセルはヒト幹細胞培養液が3種類も配合されている贅沢な商品ということがわかりました。
定価で15,000円は高い金額ではなかったということになりますね。

 

オールマイティな美容液をアンチエイジングに使ってみませんか。

 

>>成分をもっと詳しくみる